読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第11回granpark.rb出題問題「迷路職人の朝は早い」

久々にペアプロの課題。

指定された大きさの迷路を作れ、というのが問題の趣旨。
一応迷路の要件はつくったのですが、


#<#############
#.............#
#.#.#.#.#.#.#.#
#.............#
#.#.#.#.#.#.#.#
#.............#
#.#.#.#.#.#.#.#
#.............#
#.#.#.#.#.#.#.#
#.............#
#############>#

みたいな「迷路」を作られるのもやだなー、と思って評価関数を一応設定しました。
でも


#<##############
#..............#
##############.#
#..............#
#.##############
#..............#
##############.#
#..............#
#.##############
#..............#
##############>#

みたいな迷路を出力をするチームがいたのであんまり意味がなかったかもしれないです。
迷路の評点って難しい。

第0回granpark.rbで出題された、「あみだくじを作れ」みたいな
ふわっとした課題を出そうとおもったんですが、
1時間半じゃ短すぎましたね。。。

結局今回は全員方針発表だけで終わってしまいました。
いろいろ反省です。

正直、評価関数部分だけで出題しても良かったかもしれません...。